本と父親とadministrator

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょいな人々

<<   作成日時 : 2009/09/27 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今月はシルバーウィークもあって、ちょっと遊び疲れたから、軽めの本を選んだのが「ちょいな人々」だった。7編の短編が詰まっている本で、スラスラと軽く読めた。荻原浩だから、ブラックもあって面白かった。

特に携帯の音声入力のところは、風刺が効いていて良かったな。まあ、親指入力で文章を書くのは、どうも馴染めないのは良く分かる。できればフルキーボードで打ちたい。例えば仮想キーボードみたいなのができればと常々思っていたのだが。

小説では携帯でメールを書くのに、音声入力を使っているのが笑える。一体全体、携帯ってそもそも基本的な機能って何?と尋ねたくなるお話だった。

連休の疲れを取りたい人は、この本を読んで癒してみてはいかがでしょうか?



ちょいな人々 (文春文庫)
文藝春秋
2011-07-08
荻原 浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ちょいな人々 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょいな人々 本と父親とadministrator/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる