アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
「ゴースト・イン・ザ・シェル」と「夜は短し歩けよ乙女」
「ゴースト・イン・ザ・シェル」と「夜は短し歩けよ乙女」の映画を立て続けに見に行った。まずは「ゴースト・イン・ザ・シェル」。見覚えのあるシーンが、実写で確認できるのは、不思議だ。アニメのリアリティさが、実写だと嘘っぽく見える。でも嫌悪感はなく、SFシーンは見ごたえあった。ただ、少佐の義体が特別なものとして扱っているのが、不満で、義体が日常化した中で、ゴースト(魂)とどう向き合う少佐が見たかった。特別だとヒロインに描かれるし、悪も固定され、ハリウッド的な対決になってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 07:14
2回目のシン・ゴジラ
ようやっと、2回目のシン・ゴジラを見てきた。近くのシネコンでは、初回の大きなホールから小さいホールに移っていて、だんだんとフェードアウトしそうであった。しかし、日曜日のレイトショーにもかかわらず、7割ほどの客入りだったので、もう少し頑張ってロングランしてほしいところだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 23:02
君の名は。
君の名は。 なぜか新海誠作品はそこそこ見てきたので、「君の名は。」も抵抗はなかった。強いて言えばオヤジが一人でアニメ映画を見る姿が、「どうなんだ」と思ったが、周りに男性一人の影もちらほら感じたから、安心した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 11:00
シン・ゴジラ
シン・ゴジラ 面白かった。話題にはなっていたけれど、ここまで面白いとは思わなかった。そう、もう一回見ようと感じさせたのは、久しぶりだ。年を取ると面白い映画を見たとしても、若い頃のようにまた見ようとは、思わなくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 22:53
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
今更ながらではあるけれど、スター・ウォーズを見に行った。それにしてもまた父と子の物語?食傷気味というか、ハリウッドは何かにつけて「父と子」だよな。スーパーマンもそうだったし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/21 21:40
ベイマックス
いま、Google Playで映画のレンタルが一本無料だから、ベイマックスを見てみた。期待したほど面白くなく、トイ・ストーリー3のような大人でも楽しめる映画ではなかった。始まって50分当たりから、在り来たりなハリウッド的な内容になって、見ているのが辛くなり、このストーリーで1時間42分は長すぎた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/30 23:29
機動戦士ガンダム THE ORIGIN I
機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 率直に言ってガンダムUCの方が面白かった。ストーリーそのものはシャーの生い立ちからなので、それはそれで親爺にはうれしいのだが、如何せん展開そのものが1時間ものなのに退屈だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/09 06:29
まほろ駅前狂騒曲(映画)
この監督さん、長編の作りは上手くないな。テレビシリーズの短い尺でのドラマは、見応えある作りだったのに。映画はそれぞれのイベントに必然性もなければ、広げた伏線も何一つ回収せず、強引にバスジャックでまとめてしまうのは、あまりにも安直すぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/26 22:29
ジャージー・ボーイズ
クリント・イーストウッドが監督なのに、重たくなくて、爽やかな、ちょっぴり切ない映画だった。もちろん最近見た映画ではダントツの面白さだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/05 22:34
攻殻機動隊 ARISE border:4
攻殻機動隊 ARISE border:4 とりあえず攻殻らしい終わり方だったよ。ストーリーの流れからアクションシーンまで全然裏切ってはいない。だから逆に4作品通して思ったことは段々飽きてきたかね。変わらないというのは嬉しい反面、マンネリズムに陥るわけで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/06 22:56
マレフィセント
メンズデーのため今日代休を取って映画を見に行ったが、見たい映画がやってなく、例えばドラえもんは思入れなくオバQやジャングル黒べえの世代だし、トランスフォーマーの3時間は眼が疲れそうだったから、消去法で「マレフィセント」を選んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/25 22:12
オール・ユー・ニード・イズ・キル(映画)
オール・ユー・ニード・イズ・キル(映画) タイムスリップものの物語が好きだから、トムクルーズ主演映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を見てきた。日本のSFが原作だと言うこともあって、馴染みあるループの王道をそのまま映像化しているのがうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/07/08 23:11
攻殻機動隊 ARISE border:3
攻殻機動隊 ARISE border:3 少佐の恋とトグサの9課入りのお話がメインの三作目。うーん、何か付け焼き刃的な展開ではあった。必然性がないというか、トグサは自然だったけれど、少佐の恋に絡めたゴーストの展開は、安っぽかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 22:35
ポンペイ(映画)
ポンペイ(映画) 王道と言えば王道で、そのまま突っ走る映画だった。ただ、ヒロインがね・・・。まだお母さんのトリニティの方が格好いい。単純にスペクタル映画を楽しみたいのなら面白いけれど、それ以外だとポンペイに行ったことがある人が楽しめるかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/07 23:19
ガンダムUC episode 7
ガンダムUCもついにファイナルを迎え、いそいそと見に行ってきた。いきなりファーストから逆襲のシャアまでのダイジェスト版には面食らったけれど、永井一郎の「人類が増えすぎた人口を・・・」のナレーションを聞いたら、切なくなってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/06 23:20
永遠の0(映画)
原作付きで主役が岡田准一だったから、あの「天地明察」の苦い記憶が頭をかすったがそれは杞憂に終わったな。この映画は原作と読者の思いを裏切っていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/26 22:38
かぐや姫の物語
渋谷陽一が絶賛していたし、メンズディーだったから観に行ってみた。平均年齢が高めの観客の中、観終わった感想はアニメだから良かったと言うこと。これが実写だったらたぶん観ていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/16 22:54
続まどマギ
ネタ的には尽きないのでまどマギの感想の続きを書いてみる。まずは久しぶりに見終わったあと心がざわついた映画だったな。最近の映画は見終わると殆ど心に残らない、思いに耽らない、見ている間楽しめれば良いのが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/10 22:50
まどマギ
上映回数も減ってきたけど、メンズディの今日見に行った。ちなみに観客数は自分と女性二人の三人だけだった。さらに辻真先御大81歳も見に行った映画だから、オヤジの自分が「魔法少女まどか☆マギカ 反逆の物語」を見たって全然問題ないはずだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/09 23:56
攻殻機動隊 ARISE border:2
攻殻機動隊 ARISE border:2 前作で素子の声に慣れ、今回で神山作品のように存分に少佐が暴れていく展開だった。作画も攻殻らしいメカ的表現と情緒的な表現がミックスされ、60分の時間はあっという間に流れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/07 23:06
四十九日のレシピ(映画)
良かった。原作を大切に表現してくれた映画だったから。原作の映画化は十中八九失望するんだよな。クライマックス変えたり、性別を変えたり、イケメンにしたり、演技が下手だったり・・・監督かプロデューサーのマスターベーションじゃないぞ!といつも吠えるんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 23:12
パシフィック・リム
まずはこの映画を3Dで見た方が良いかどうか?見終わった感想は2Dで良かったかなと思った。3Dはディテールがうまく掴めないし、特にこの映画は暗いシーンが多いので余計細かい部分が見にくかったからな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/23 22:32
風立ちぬ
たぶんカミさんと意見が分かれると思ったけど、その通りになった。自分は面白かったが、カミさんは淡々とした展開に思いが入り込めなかったらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/18 22:47
SHORT PEACE
昔見た「MEMORIES」の気分を、また味わいたいと思って初日に行ってきた。なんだろう、この映画は進んで勧められないし、かといって詰まらないわけでもなく、たぶん人を選ぶ作品だよな。しかし「MEMORIES」の時の映像やストーリーの奇抜さは感じられなかったよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/20 22:56
ハル HAL(映画)
ハル HAL(映画) 想像していた映画とは違っていたな。てっきりAIが人の心を持つお話しばかりだと思っていたから、例えばタチコマとかイヴの時間とか、最近だとチェインバーとか、本だと「あしたのロボット」みたいな話しなんだけど、これってそんなロボットものと言うよりは、素直な恋愛ものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/06 23:21
MANUAL BOOK
そう言えば攻殻機動隊ARISEでもらった冊子はボリュームあったな。今までもらった入場者特典の中では質、量とも最高だったよ。ちょっとしたパンフレットだよね、これって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/24 22:21
攻殻機動隊 ARISE
攻殻機動隊 ARISE テレビシリーズより構成は少し複雑だけど、映画版ほど冗長的でもなく新しい攻殻だった。キャラ構成はテレビシリーズを踏襲しているけれど、キャラそのもののエピソードは少し違っていた。だから神山健治の少佐が好きな人は戸惑うかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/22 23:07
実写版ガッチャマン
これってガッチャマンなのか?ガッチャマンと言っているだけの別のお話なのか?しかしベルクカッツェっぽいキャラも出てきて、微妙に似ているところがB級のにおいだね。まじめに作ったもののオリジナルのテイストから遠くに離れてしまった作品になっているかもな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/21 22:33
言の葉の庭
言の葉の庭 絵をリアルに描いていくと、本物よりもリアルに感じられるな。そこにアニメ画の主人公たちが入ってくるギャップが戸惑いを感じて、余計切なくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/02 23:05
劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 負荷領域のデジャヴ
劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 負荷領域のデジャヴ この地区でもようやっとシュタインズゲートの映画が公開され、いそいそと見に行ってきた。本来ならば1,800円なのだが、ポイントが貯まっていたから無料で見られたのはラッキーだったな。それに初日だったのでオリジナルサイドストーリーの小冊子を特典でもらえたのもラッキーだったかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 23:23
舟を編む(映画)
良かった。原作をぶち壊してなかった。特に好きな原作だったから見る前は期待と不安が半々だったけど、この映画はその原作の空気を壊すことなく映像化してくれた。加藤剛が「だれかと繋がりあうための力」を言ってくれたし、オダギリジョーとの別れも嫌みがなかった。それに去年見た映画のような宮崎あおいを前面に出さない抑え気味の演技も誠実だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/21 23:35
機動戦士ガンダムUC episode6 「宇宙と地球と」
機動戦士ガンダムUC episode6 「宇宙と地球と」 今日の客層は前回よりも濃くはなく、カップルや親子連れも見えて、もちろん同世代のおじさん達も居たから安心して鑑賞できた。さて今回のepisodeは次の最終回へのつなぎ的なストーリーだったから、地味な展開だったけれど、一つ一つの台詞が楽しめたな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/03 23:13
ミッドランドスクエアシネマ
機動戦士ガンダムUC episode6のチケットをネットで先ほど取った。episode5の時は残りわずかを映画館で買ったから、今回は早めにネットで買ってみた。しかし、初日の3月2日は全て売り切れで、3月3日も午前中はもう無くなりそうな勢いだね。まあ買えた座席も端っこだったもんな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/27 22:43
シュタインズゲート劇場版
シュタインズゲートの映画が4月20日からと決まったな。しかしこれって東京とか都会の映画館の話しであって、地元ではどうなんだろう。上映してくれるのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/02 23:14
カラスの親指(映画)
カラスの親指(映画) 原作有りの映画化で失望させられるのは、大体その原作をないがしろにするケースが殆どだけど、この映画は芝居の下手さに失望した珍しいケースだったな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/15 21:55
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ミサトとリツコ、髪切ってたし、ゲンドウも色眼鏡だった。だからか思いっきりストーリーを変えてきたな。前作は新キャラを出したが、基本は旧作を踏襲していたけれど、Qになって思いっきり違う話にしちゃったね。違うと言っても人類補完計画はあるし、渚カヲルとシンジの微妙な関係もあるから、監督の思いそのものは変わってはいなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/23 23:42
009 RE:CYBORG
009 RE:CYBORG 面白かったから、Yahooのレビューを見ていたら賛否両論というか感想が両極端だったな。感動した人と失望した人に分かれている。オヤジは感動した側なんだけど、まずは原作の天使篇に神山監督らしい答えを出しているところと、ジョーとジェットのクライマックスシーンが良かったところだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/11 23:30
ツナグ(映画)
嗚呼、いい映画だったな。読者の想いが気持ちよくシンクロして良かったよ。何せ、最近読者の気持ちを踏みにじる映画を見たばかりだったから、余計にそう思ったね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/21 22:47
天地明察(映画)
地元の映画館では、一日一回の上映になってしまったが、それでも昨日見に行ってきた。原作有りの映画化は、ほとんど読者を失望させるけど、ご多分に漏れず、どうしようもない作品だった。一回の上映になったのもうなずける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/15 22:43
おおかみこどもの雨と雪
おおかみこどもの雨と雪 隣の親子連れのお父さんからは、鼻をすする音が聞こえたけど、自分は泣かなかったので大丈夫だった。おっさんが泣いていたらどん引きだからな。たぶん、それは自分が子育ての現役でなくなった所為だろう。隣のお父さんには、子育ての想いがこの映画にシンクロしていたのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/13 22:52
メン・イン・ブラック3
昨日、レイトショーでメン・イン・ブラック3を見たけれど、相変わらずの宇宙人ネタにタイムスリップを混ぜて楽しめた。それに最後、この映画であんな思いをさせられるとは思っていなかったので、ちょっとサプライズだったしね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/16 22:56
機動戦士ガンダムUC 「黒いユニコーン」
機動戦士ガンダムUC 「黒いユニコーン」 二週間限定で公開されるのを知って、最後の週末に名古屋まで「ガンダムUC」を見に行った。朝一番のを30分前までに行ったのにもかかわらず、座席指定は残り少なくなっていて端っこの方しか取れなかった。お客さんの八割方が男、それに自分と同じ世代の親父もちらほら居て安心した。無理矢理、子どもを連れてきた?お父さんやお母さんも居たな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/26 23:33
HOME 愛しの座敷わらし
HOME 愛しの座敷わらし 昨日、レイトショーで「HOME 愛しの座敷わらし」を見に行った。原作が好きだったので、久しぶりに映画を見たんだけど、やっぱり駄目だった。監督が表現したいのと読者の好きな部分がずれているから、あんまり楽しめなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/19 22:10
はやぶさ 遙かなる帰還
TOHOシネマズのギフト券をもらえたから、昨日カミさんと二人で「はやぶさ 遙かなる帰還」の映画を見に行った。最近、歳のせいか涙腺が弱くなったのか、映画館で涙を流してしまったけれど、カミさんに感想を聞いたらNHKの2時間スペシャルの番組みたいと言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/19 22:24
蛍火の杜へ
蛍火の杜へ ようやっと名古屋にも「蛍火の杜へ」が公開され、朝一番の上映に足を運んだら絵葉書をもらった。上映時間が44分だったので1,000円で映画が見えたよ。でも短編を映画館で見られるのはある面ラッキーかもしれない。何せ最近の映画は複雑すぎるからな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/22 21:52
カラフル(映画)
森絵都さんの原作を原恵一監督が、アニメ化するのは「やっぱりなー」って感じだ。二人の作品ともに結構好きなので納得する関係だよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/04 22:42
トイ・ストーリー3
トイ・ストーリー3 まいったなー。オヤジ一人で見に行ったのは小っ恥ずかしかったかな?家族連れか、カップルか、女の子同士しか居なかったからね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/31 23:23
はやぶさ「HAYABUSA 〜 BACK TO THE EARTH 〜 (ノーカット版)」
浜松科学館のプラネタリウムではやぶさの映画をやっているので、息子の下宿先行くついでに見に行ってきた。(ちなみに夏休みの間は、毎日16:00〜16:40の時間にやっていて、大人900円だ) http://www.hamamatsu-kagakukan.jp/planet/ippan/255.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/07/17 23:08
涼宮ハルヒの消失(映画)
ようやっと地元にやってきたハルヒの映画を、代休を取って今日見に行った。この歳でこの映画を見に行くことは非常に勇気が必要だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/17 23:08
ゴールデンスランバー(映画)
ゴールデンスランバー(映画) 今TOHOシネマズで末尾「1」か「4」の年賀状をもっていくと千円になるので、それに原作も良かったから見に行ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/13 21:56
理想の彼氏
代休を映画の日に取ったので、「理想の彼氏」を一人で見に行った。40歳バツ一子持ち女性が、24歳の頼り無さそうな男性(いや男子)を好きになるお話だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/01 22:18
風が強く吹いている(映画)
昨日、レイトショーで見に行ってきた。合格だ!この監督さんは原作を尊重していて、読者を裏切っていません。昨今の話題づくりのための、原作をないがしろする、映画化ではない。例えば、チームバチスタとか、チームバチスタとか・・・読者を小馬鹿にした映画とはまったく違うのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/07 21:46
サマーウォーズ
メンズディーの日に、息子と一緒に見に行った。来月になると上映されるかどうか分からなかったから、平日にもかかわらず行った。それなのに、結構人が入っていて、それもアベックが多かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/27 22:03
ヱヴァンゲリヲン:破
「破」だったな。今日映画を見に行ったんだが、思いっきりテレビと違う展開で、いい意味で「破」だった。色々と書きたい事はあるんだが、ネタバレは良くないので、抽象的な感想を書いてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/02 22:35
レッドクリフII
まあ、パートIを見てしまったから、IIは見ないと何ともならないので見に行ったんだが、最後は映画らしい終わり方で、三国志ファンは納得いかないのでは?と思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/08 23:46
鴨川ホルモー(映画)
ストーリーは、結構原作通りに進んでいくのだが、見終わって「ちょっと何か違うんだなー」と思った映画だった。読者にとって、何かこう、服の上で痒いところを掻いている感じの映画だったね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 21:56
アカデミー外国語映画賞受賞か
「おくりびと」がアカデミー賞を取ったんだ。素直におめでとうと言いたい。去年見た映画の中では、2番目に好きな映画だったので何かうれしい。1番目は「スカイクロラ」なんだけど、こちらは逆にあまり話題にならず、少し悲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 22:45
マンマ・ミーア
今、公開している映画の中では、マンマ・ミーアが一番かなと思い、カミさんと一緒に見に行った。しかし、ミュージカルをマジで見るのは今回が初めてだったので、少し不安ではあったが、ABBAの曲というか、知っている曲が使われていたので、敢えて見てみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 21:56
レッドクリフ
yahoo映画のユーザーレビューを見ながら、すごく悩んだ末、結局見に行ってしまった。見終わって、思ったことは、三国志ファンなら見て良いでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/10 22:18
イーグル・アイ
映画の日だったので、「イーグル・アイ」を見に行った。スピルバーグのお弟子さんの作品だから(はじめはスピルバーグの映画だと思っていたが)、ハズレはないだろうと思って選んだけど、純粋に面白かった。エンターテイメントだなー。アメリカだなー。ハリウッドだなー。さすがスピルバーグだなー。ハラハラどきどきの連続ではじめから、ぶっ飛びっぱなしだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/01 23:15
容疑者Xの献身(映画)
今回もメンズデーに映画を見に行った。朝一番にシネコンへ行ったのに、チケット売り場はかなり混んでいて、始まる5分前に入れてぎりぎりセーフだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/10/13 23:17
おくりびと
今日はメンズデーだったので、映画館へ足を運んでみた。数多くの作品の中で、見てきたのは「おくりびと」だった。モントリール世界映画祭でグランプリを受賞したことが話題になっていたし、他の上映されている作品が、自分の琴線を引っかけるようなものがなかったので選んだみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 22:34
夢のまた夢
結局、ベネチア国際映画祭で、日本からノミネートされた3作品は、どれも賞をもらえなかった。3本もノミネートされたから、せめて1本ぐらいは、金じゃなくても、何らかの賞に絡むかな?と思っていたけど、無冠に終わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 21:56
ベネチア国際映画祭で、
「スカイ・クロラ」は、ベネチア国際映画祭で賞を取れるだろうか?取ってほしいけど、やっぱり無理か。まず、日本から押井監督の他、北野武監督と宮崎駿監督と3本ノミネートされているから、その中から選ばれるだけでも大変だよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/01 22:06
小説『スカイ・クロラ』
映画を2回見たから、もう一度小説の『スカイ・クロラ』を読んでみた。8年前は図書館で借りたけど、今回は函南が表紙になっている文庫を買って読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 22:46
息子とスカイ・クロラ
昨日、夏休みで帰ってきた息子を誘って、「スカイ・クロラ」を見に行った。自分は2回目で、息子は初めてだったが、見終わった後開口一番「グレンラガンの方が良い!」と言っていて、今一オヤジ的にはわからん感想だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/13 23:04
スカイ・クロラ
「本来、生きていること、それ自体が、誰かと別れるかもしれない可能性ではないか。」 「仕事も女も、友人も生活も、飛行機もエンジンも、生きている間にする行為は何もかもすべて、退屈凌ぎなのだ。死ぬまで、なんとか、凌ぐしかない。どうしても、それができない者は、諦めて死ぬしかないのだ。」 「つまり、退屈を凌ぐために、生き甲斐を見つける。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 23:08
もうすぐ公開される
ギャオで「スカイ・クロラ」の特集が組んであって、押井守以外の映画監督が作った予告編が見られる。庵野秀明を始め3人が作ってあるけど、面白い企画だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 22:05
ネットの都市伝説
かんべえさんの不規則発言を読んでいたら、「裏トトロ」なるものを初めて知った。こんな都市伝説がネットの世界で流布されていたとは思いもしなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/23 22:33
クライマーズ・ハイ
カミさんと映画を見に行ったが、評価は分かれた。横山秀夫の原作は二人とも読んでいて、数年前NHKで佐藤浩市が悠木役でドラマ化した番組も見ていて、今回で「クライマーズ・ハイ」は3回目となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/21 22:07
ダイブ!!
近くの映画館は今週の金曜日に終わってしまうのが分かって、平日も1日1回上映だけででそれも15時に始まるから、会社帰りにも見ることができない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 22:52
コピルアク
「最高の人生の見つけ方」で書き忘れたことがあった。香りの良さそうなコーヒー「コピルアク」が出てくるけど、これって「かもめ食堂」に出てきたおまじないが確か「コピルアク」だったよな。美味しいコーヒーを作るときのおまじない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/30 23:43
最高の人生の見つけ方
今週の月曜日、代休を取って、メンズデーだったから映画を見に行った。ゆっくり、休日を楽しめる映画を考えたら、今上映している中では「最高の人生の見つけ方」かな?と思ってチケットを1000円で買った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 22:41
クライマーズ・ハイ
『クライマーズ・ハイ』が映画化される。NHKでドラマ化されたけど、佐藤浩市の悠木役は良かった。原作を壊していなかった。このクライマーズ・ハイは、日航ジャンボ機墜落事故を舞台に、主人公の地方紙の記者と親友、息子、そして新聞社内の葛藤を、悲惨な墜落事故を通して、何のために生きるかを問うている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/19 23:30
チーム・バチスタの栄光(映画)
竹内結子が田口役を演じること自体、不安だったが、原作の読者とって、出来の悪い映画だった。原作の面白さよりも、大人の事情を優先した映画だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 22:10
魍魎の匣(映画)
今日は映画の日なので千円で見られる。混むと思ったが、『魍魎の匣』(もうりょうのはこ)なら、大丈夫だと思い、朝10時から見に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 16:30
犯人に告ぐ(映画)
サウスバウンド、クローズド・ノートよりは、断然良かった。こんな地方で見られるかどうか不安だったけど、だいぶ遅れて公開となり、待った甲斐はあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/23 23:24
always 三丁目の夕日
もう二度と会えない人、もう二度と立ち寄れない場所、もう二度と戻れない時間、別れの連続なんだね。金曜ロードショーで「always 三丁目の夕日」を見終わった感想。この映画で泣けるかどうかは、評判が良すぎてすっごく期待して見た人、「always 続三丁目の夕日」の宣伝がくどくて、嫌気が差した人は無理かも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/02 23:55
クローズド・ノート (映画)
どうして、最後の部分が原作と違うんだろう。敢えて変えた理由が、分からない。せっかく、伊吹先生(竹内結子)の好きな人を、香恵(沢尻エリカ)のあこがれの俳優と置き換えて、お話が進んでいったのに、実に惜しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/21 23:15
映画 「めがね」
メンズデーだと千円なので、平日だけど行ってみた。もう1日1回の上映になってしまって、それも午後5時45分の開演だけ。会社が終わって、速攻で着替えて、映画館へ駆け込む。するとどうだろう、客は自分一人。人生はじめての体験、初体験。あっちに座ったり、こっちに座ったりしながら、結局、後ろから2番目の真ん中に落ち着く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/15 23:33
サウスバウンド(映画)
沖縄がきれいな映画だった。でも原作を読んでいないと難しかったと思う。原作に感動して映画を見に行ったわけだが、またか〜という感じか。なかなか原作とぴったしな映画とは巡り会えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/10/08 22:58
自分には合わなかった。
さっき「花田少年史|幽霊と秘密のトンネル」を見終えたが、自分には合わない映画だった。構成が不自然だった。ギャグも滑っていた。無理があるよなあのストーリーは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/28 23:30
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
新作のヒット作が無く、お金が底を突き、事務所の人のボーナスを払うために、エヴァを焼き回ししたのだろうと思っていた。だから、たぶん見ないと決めていたけど、今日がメンズデーで1,000円だったので、見てしまった。大人の事情の誘惑に負けたと言うところか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 17:39
スカイ・クロラ
スカイ・クロラ (中公文庫) 6年前に読んだ本だ。その本を押井守が映画化する。スカイ・クロラと押井守か。これは合いそうな気がする。ミステリとはまったく違う森博嗣の小説。(その他に「女王の百年密室」も同じにおいがする小説) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/21 21:50
トランスフォーマー
昨日、トランスフォーマーをレイトショーで見ました。ロードショーも終了間近なので、お客さんは少ないと思ったのですが、そこそこの入りでした。また、カミさんと一緒に映画を行ったのも久しぶりでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/17 18:05
河童のクゥと夏休み
親子が見る映画は、今だとポケモンと仮面ライダーが定番だろう。それが、「河童のクゥと夏休み」で、隣の席に親子4人が見ていた。特にその隣の子どもの笑い声が、この映画に良く合っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 22:31

トップへ | みんなの「映画」ブログ

本と父親とadministrator 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる