本と父親とadministrator

アクセスカウンタ

zoom RSS 無理

<<   作成日時 : 2010/02/19 23:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

合併でできた雪が降る寒い地方都市で暮らす5人の物語。5人の夢を叶えるにはあまりにも身勝手なことが起き続けて、最後はみんなで罰が当たるお話。お金とか愛情とか全然満たされなくて、もがけばもがくほど、どつぼにはまっていくまったく持って救いのない展開。だから早く読んでブラックな気持ちを閉じたくなる本だった。

この本は読むのには心の準備がいるというか、読書家にとっては直前に読んでいた本を選ぶというか、人生に疑問を持ったときじゃないと、何のために読んだか分からなくなる本だった。

例えば、この本を読んで楽しくなりたいとか、明るくなりたいとか、泣きたいとか、感動したいとか、そういう人が何気に読んだら、あまりにもブラックブラックしていてそわそわしてしまうだろう。

しかし、奥田英朗は何のためにこの本を書いたんだろうか?反面教師的な本として読めば良いのか?弱者であることを訴える人々の身勝手さや弱者につけ込むセールスと新興宗教と差別、利権と政治家・・・すべて心が病んでいる人しか出てこない。

だって、直前に読んでいたのが有川浩だったからその落差があまりにも大きすぎて、作者の思いがなかなか読み取れなかったからな。



無理 上 (文春文庫)
文藝春秋
2012-06-08
奥田 英朗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無理 上 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



無理 下 (文春文庫)
文藝春秋
2012-06-08
奥田 英朗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無理 下 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オハヨー♪ございます('-'*)
昔、「野獣死すべし」を読んで救いようのない気持ちになりました。ただいまの現状もしんどいので、ぬっぺぽうさんのアドバイスをいただいて、この本パスです
メロンパン
2010/02/20 11:25
こんばんは!メロンパンさん
ただでさえ落ち込む本ですので「しんどい」時には余計に負担になってしまうと思います。
nuppepo
2010/02/20 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
無理 本と父親とadministrator/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる