異国のおじさんを伴う

カミさんの手術中の時間内にすべて読み終えた本。けれどいろんな想いが交差して、笑ったり、励まされたり、諦めたり、後悔だったり・・・。落ち込んでいられないよ。



異国のおじさんを伴う
文藝春秋
森 絵都

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異国のおじさんを伴う の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

藍色
2013年06月11日 15:19
なんといっても語り口が上手かったですね。
軽妙な作品が多かったので読みやすくて読後感も良かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

この記事へのトラックバック

  • 「異国のおじさんを伴う」森絵都

    Excerpt: 胸に残る文章、ちくりと刺す毒、さりげないユーモア。「人って愚かで滑稽で愛おしい!」と感じさせてくれる、バラエティ豊かな短編集です。 思わぬ幸せも、不意の落とし穴もこの道の先に待っている。どこから.... Weblog: 粋な提案 racked: 2013-06-11 14:50
  • 「異国のおじさんを伴う」森絵都

    Excerpt: 胸に残る文章、ちくりと刺す毒、さりげないユーモア。「人って愚かで滑稽で愛おしい!」と感じさせてくれる、バラエティ豊かな短編集です。 思わぬ幸せも、不意の落とし穴もこの道の先に待っている。どこから.... Weblog: 粋な提案 racked: 2013-06-11 14:50