GoodReaderの不具合

iPadのiOSを10.3以降にアップデートすると、Wi-FiでWindows Server 2012のファイルサーバーからGoodreaderへ転送できなくなるファイルが出てくる。

ファイル名に「ひらがな」もしくは「カタカナ」に濁音(バビブベボなど)や半濁音(ぱぴぷぺぽなど)を含むと転送できない。そのため、そのファイル名がついたファイルがサーバーに有ると、その時点で同期も取れない。全くもって使いものにならない。

強制的にiTunesでiPadへ転送しても、そのファイルだけが開かない。

iPadをビジネスで使っている場合は、最悪なアップデートとなった。

対処法としては、濁音、半濁音のないファイル名にリネームするしか、今のところ解決できず、ほぼ使い物にならない状態だ。

この原因はiOSのアップデートに起因しているため、たぶんGoodReaderのようなファイルマネージャー系のアプリは使い物にならないと思われる。試したDocuments 5でも同じ結果だった。

やはり、ビジネスにはiPadではなく、WindowsタブレットかレッツノートのようなWindowsモバイルの方が、管理者は楽かもしれない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック