テーマ:アニメ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I

率直に言ってガンダムUCの方が面白かった。ストーリーそのものはシャーの生い立ちからなので、それはそれで親爺にはうれしいのだが、如何せん展開そのものが1時間ものなのに退屈だった。 起伏が少ないというか、平坦というか、アクションシーンとキャラの動きのシーンの案分が偏っているのか、見ていて躍動感がなかった。UCは1話目からわくわくどきど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻殻機動隊 ARISE border:4

とりあえず攻殻らしい終わり方だったよ。ストーリーの流れからアクションシーンまで全然裏切ってはいない。だから逆に4作品通して思ったことは段々飽きてきたかね。変わらないというのは嬉しい反面、マンネリズムに陥るわけで。 もしかしたら、過去の作品を見たときのワクワク感を感じられなくなったのは、自分が歳を取った所為かもしないな。アニメの技法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻殻機動隊 ARISE border:3

少佐の恋とトグサの9課入りのお話がメインの三作目。うーん、何か付け焼き刃的な展開ではあった。必然性がないというか、トグサは自然だったけれど、少佐の恋に絡めたゴーストの展開は、安っぽかった。 今までの少佐のイメージもあるし、官能的な絵でもないから、映像を見て、少佐の恋のイメージが合わなかった所為だろう。何せ今まで描いてきた攻殻機動隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンダムUC episode 7

ガンダムUCもついにファイナルを迎え、いそいそと見に行ってきた。いきなりファーストから逆襲のシャアまでのダイジェスト版には面食らったけれど、永井一郎の「人類が増えすぎた人口を・・・」のナレーションを聞いたら、切なくなってしまった。 しかし、その永井一郎の役こそが「ラプラスの箱」というより鍵でもあったから、余計に胸が熱くなった。そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟲師

昨日蟲師の新作を見たんだが、前半顔見知りのキャラが次から次へと出てきたときは胸に来たな。クォリティも昔のままだったし、物語そのもののあり方もそのままだったから本当にうれしかった。 それよりも何よりも4月から続編が放送される告知を見たときには、思わず「来た~」と小声で叫んだよ。何やら春と秋の分割2クールで原作を最後までやってくれるら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぐや姫の物語

渋谷陽一が絶賛していたし、メンズディーだったから観に行ってみた。平均年齢が高めの観客の中、観終わった感想はアニメだから良かったと言うこと。これが実写だったらたぶん観ていない。 もしかすると今上映中のルパン対コナンの方が面白かったかもしれない。まあどちらも一年も経てば日テレで放映されるとは思うけれど、でも映画館で観るのだったら断然か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続まどマギ

ネタ的には尽きないのでまどマギの感想の続きを書いてみる。まずは久しぶりに見終わったあと心がざわついた映画だったな。最近の映画は見終わると殆ど心に残らない、思いに耽らない、見ている間楽しめれば良いのが多い。 その点、アニメ映画は絵を動かすところからクリエイターたちの思いが入るので作画そのものだけでも惹かれるのが多い。最近だとやはり「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まどマギ

上映回数も減ってきたけど、メンズディの今日見に行った。ちなみに観客数は自分と女性二人の三人だけだった。さらに辻真先御大81歳も見に行った映画だから、オヤジの自分が「魔法少女まどか☆マギカ 反逆の物語」を見たって全然問題ないはずだ。 しかし難解の映画だったな。一回だけではようわからん。思わず解説サイトへ行きたくなるのを我慢して、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻殻機動隊 ARISE border:2

前作で素子の声に慣れ、今回で神山作品のように存分に少佐が暴れていく展開だった。作画も攻殻らしいメカ的表現と情緒的な表現がミックスされ、60分の時間はあっという間に流れた。 特に人物の作画は丁寧に描いているかと思えばぶっきらぼうに見えたり、あれはメカと違ってワザと描いているのか?揺らぎみたいなものなのか?それらも含めて今回の作品は攻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟲師の新作

蟲師の新作アニメが2014年1月4日(土)23:30~24:30、BS11他で放送される。結構好きなアニメだったので楽しみ。作画、演出、音楽どれをとってもクォリティの高いアニメだったので、新作もすごく期待しているよ。 http://animeanime.jp/article/2013/11/21/16394.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦艦ヤマト2199

22話までは良かったのに残りの3話で白けたな。何でデスラーが急にあんぽんたんにならなあかんのやろ、その動機が意味不明。 しかし旧作品をリアルタイムで見ていた自分にとっては、何か惜しいリメイク作品だったよ。1話からずっとリスペクトされていたのに、最も大切なクライマックスでそれが感じられなくなってしまった。 たぶん登場人物の愛し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有頂天家族

5年前に原作を読んだときはあまり面白くなかったのだが、アニメ化され再度「有頂天家族」を見たら、今度は面白かったんだよな。当時と何が違うのだろう?歳を取った分、家族の絆に泣けてきたのか、それともP.A.WORKSの映像技法に泣けたのか。 たぶんこの原作は活字よりも映像化の方が面白くて、さらにアニメの作りが良かったのだろう。だって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風立ちぬ

たぶんカミさんと意見が分かれると思ったけど、その通りになった。自分は面白かったが、カミさんは淡々とした展開に思いが入り込めなかったらしい。 たぶんこの映画は飛行機が好きかどうかで決まるかな。もっと平たく言うと乗り物が好きかどうか、子どもの頃に電車や車、飛行機に憧れたかどうか。 宮崎駿は単に飛行機の映画が作りたかっただけかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHORT PEACE

昔見た「MEMORIES」の気分を、また味わいたいと思って初日に行ってきた。なんだろう、この映画は進んで勧められないし、かといって詰まらないわけでもなく、たぶん人を選ぶ作品だよな。しかし「MEMORIES」の時の映像やストーリーの奇抜さは感じられなかったよ。 たぶん、ふんだんに新しい手法が取り入れられていると思うけど、当時見た思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハル HAL(映画)

想像していた映画とは違っていたな。てっきりAIが人の心を持つお話しばかりだと思っていたから、例えばタチコマとかイヴの時間とか、最近だとチェインバーとか、本だと「あしたのロボット」みたいな話しなんだけど、これってそんなロボットものと言うよりは、素直な恋愛ものでした。 あくまでもロボットはギミックだったよな。まあストーリーや絵は綺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MANUAL BOOK

そう言えば攻殻機動隊ARISEでもらった冊子はボリュームあったな。今までもらった入場者特典の中では質、量とも最高だったよ。ちょっとしたパンフレットだよね、これって。 しかし一緒にもらった馬鹿でかいステッカーには閉口したけど。センス悪いし、A4サイズだからバックには入らんし、そもそもSurfaceの宣伝ステッカーだからダサいしね。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻殻機動隊 ARISE

テレビシリーズより構成は少し複雑だけど、映画版ほど冗長的でもなく新しい攻殻だった。キャラ構成はテレビシリーズを踏襲しているけれど、キャラそのもののエピソードは少し違っていた。だから神山健治の少佐が好きな人は戸惑うかもしれない。 たぶんこれは冲方丁が描く素子なんだろう。かといってそんな素子も悪くない。あくまでもこれは新しい攻殻な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言の葉の庭

絵をリアルに描いていくと、本物よりもリアルに感じられるな。そこにアニメ画の主人公たちが入ってくるギャップが戸惑いを感じて、余計切なくなる。 たぶん監督の思いだけを描き込むと、綺麗な画しか残らないのかもしれない。写真とか実写だとどうしても必要じゃない部分も写ってしまうからね。 しかし、新海誠が好きな人なら大丈夫な作品だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 負荷領域のデジャヴ

この地区でもようやっとシュタインズゲートの映画が公開され、いそいそと見に行ってきた。本来ならば1,800円なのだが、ポイントが貯まっていたから無料で見られたのはラッキーだったな。それに初日だったのでオリジナルサイドストーリーの小冊子を特典でもらえたのもラッキーだったかな。 それで肝心の映画の内容は、牧瀬紅莉栖が観測者として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聴き出すと

どうも気持ちだけは若いと思っているのか、「進撃の巨人」のOPを聴き出すとリピートから抜け出せない。ようやっと日記を書こうと思って無理矢理止めた。 しかしこの曲と詞とOPの絵はマッチしすぎるだろう!何か枯れかけた思いを奮い立たせる歌なんだけど、この中毒性は逆に引き籠もってしまうやろ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦艦ヤマト2199

息子と一緒にヤマトを見る日が来ようとは、夢にも思わなかったな。リアルタイムで見ていたあの頃は、息子を持つなんて想像すら出来ないほど子どもだったからね。しかし、このリメイクは全然裏切って無くてよかった。 何せこのエポックメイキングなアニメを、汚さないように作られているのが感じられるよ。ヤマトが火を付け、ガンダムが育てたと言っても過言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUC episode6 「宇宙と地球と」

今日の客層は前回よりも濃くはなく、カップルや親子連れも見えて、もちろん同世代のおじさん達も居たから安心して鑑賞できた。さて今回のepisodeは次の最終回へのつなぎ的なストーリーだったから、地味な展開だったけれど、一つ一つの台詞が楽しめたな。 まずはフル・フロンタルが言っていた器の話しは、理想を求めた先に絶望しかないのなら、器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュタインズゲート劇場版

シュタインズゲートの映画が4月20日からと決まったな。しかしこれって東京とか都会の映画館の話しであって、地元ではどうなんだろう。上映してくれるのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコニコのSteins;Gate

このニコニコで投稿されたシュタインズゲートの動画は、素晴らしい。もう何回も見ているわけだが、88もどきのドット絵が余計に郷愁を誘って、切なくなる。もうすぐ映画も公開されるけど、もしかして関係者の投稿?と思うぐらいファンには堪らない出来だ。 最後に原作やアニメを体験していない人は、見ない方がいい。思いっきりネタバレだし、この結末…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ミサトとリツコ、髪切ってたし、ゲンドウも色眼鏡だった。だからか思いっきりストーリーを変えてきたな。前作は新キャラを出したが、基本は旧作を踏襲していたけれど、Qになって思いっきり違う話にしちゃったね。違うと言っても人類補完計画はあるし、渚カヲルとシンジの微妙な関係もあるから、監督の思いそのものは変わってはいなかった。 まあ、ネルフ対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

009 RE:CYBORG

面白かったから、Yahooのレビューを見ていたら賛否両論というか感想が両極端だったな。感動した人と失望した人に分かれている。オヤジは感動した側なんだけど、まずは原作の天使篇に神山監督らしい答えを出しているところと、ジョーとジェットのクライマックスシーンが良かったところだ。 あれは原作の名シーンのオマージュだよね?2Dの方を見たけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおかみこどもの雨と雪

隣の親子連れのお父さんからは、鼻をすする音が聞こえたけど、自分は泣かなかったので大丈夫だった。おっさんが泣いていたらどん引きだからな。たぶん、それは自分が子育ての現役でなくなった所為だろう。隣のお父さんには、子育ての想いがこの映画にシンクロしていたのかもしれない。 だけど、あくまでも母と子の映画なんだけどね。父親から見るとどうして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fate/stay nightの感想

Fate/Zeroが面白かったので、Fate/stay nightを見たのだが期待したものとは違ったな。作画はZeroと比較すると酷なので仕方がないけれど、プロットが軽いというかZeroの深みがまったく受け継がれていなかった。それに学園ものっぽいし、恋愛ものみたいだし、お子様向けの作品だよね。 人の業のぶつかり合いがstay ni…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Fate/Zeroの最終回

「虚淵玄」っていう人は魔法少女とか正義の味方とか、子どもの頃のあこがれを鮮やかに壊してくれるよな。それをこの歳になって、改めて突きつけられると心穏やかでなくなるのに納得してしまう。たぶん、まどかや切嗣の持っている正義が大人になると汚れて見える所為だろう。 それにしてもあの聖杯って何なんだったんだ?正義を貫こうとして求めたのに、聖杯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUC 「黒いユニコーン」

二週間限定で公開されるのを知って、最後の週末に名古屋まで「ガンダムUC」を見に行った。朝一番のを30分前までに行ったのにもかかわらず、座席指定は残り少なくなっていて端っこの方しか取れなかった。お客さんの八割方が男、それに自分と同じ世代の親父もちらほら居て安心した。無理矢理、子どもを連れてきた?お父さんやお母さんも居たな。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more