テーマ:テレビ

VIERA TH-32LX500がブックオフで売れた

2005年5月1日製造のパナソニック製VIERA TH-32LX500が、ブックオフで840円にて買い取ってくれた。13年前製造の液晶テレビだったので、買い替え時にリサイクル料金を払って引き取ってもらうと、ケーズデンキだと3,456円、エディオンやヤマダ電機だと3,996円だった。 ちなみに買取レシートには、1,200円から原点金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

64(ロクヨン)

やっぱり、原作付きのドラマ化はNHKだ!あの「クライマーズ・ハイ」を作ったスタッフが、今度は「64(ロクヨン)」を手がけるのを聞いてあふれる期待感だったけれど、第一回目はまったく読者を裏切らなかった。 これが民放とか、映画になるともう駄目だめで、原作をほっぽり出して、作り手の自己満足を映像に醜く入れてくるのだが、NHKだけは原作の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花燃ゆ」が面白くない

川井憲次の音楽と冒険的な演出でずっと見てきたが、先々週の松陰が意味もなく走り出してから、急に興ざめてしまった。それまでは心情と音楽の使い方に惚れ惚れしていたのに、あの演出からは松陰の行動が、分からなくなった。 そして先週は、松陰からの「暗殺」といういきなりな言葉も戸惑った。今までの塾の流れでどうして老中の暗殺が出てくるのが分からな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BSプレミアム

さっき、NHKのBSプレミアムでウィスキーの番組を見終えたところだけど、やはりウィスキーにはつまみが要らないし、食事中には飲まない。マッサンも食べ終わった後の、寝る前にウィスキーだけを飲んでいるよな。 そして基本はストレート。これも以前調べたとおりで香りを楽しむのだから、水や氷で薄めたら元も子もない。またじっくりと味わいながら飲む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花燃ゆ」のサントラ盤

いやー、「花燃ゆ」を見るたびにサントラ盤が欲しくなってしようがない。今日だって伊之助と重臣椋梨との会話はしびれた。そう、明倫館の書庫でのシーンに流れた曲だよ。こんな音楽の使い方に見る側の心を揺さぶるんだな。 それにしてもCDにするか、ハイレゾ配信にするか悩み中。まあ、ハイレゾ配信の場合、何をどう準備するかを調べないと行けないし、聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花燃ゆ

視聴率が悪いそうだ。自分的には近年の大河ドラマの中では、すごく気に入っているんだけど。例えば「お江」みたいな学芸会のりのドラマよりは、はるかにおもしろいと思う。しかし長年の大河ドラマファンにとっては、作りが斬新というか野心的なので、保守層には受けが悪そう。 ただ、ドラマの作りが良い意味でアニメ的だけど、例えば神山健治監督した「精霊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリエント急行殺人事件

昨日、三谷幸喜が脚本を担当したドラマを見ていたけれど、アガサクリスティファンを失望させない出来で良かった。特に日本版ポワロ役の野村萬斎はさすがだった。初めはポワロと言うよりも、シャーロックホームズじゃないかと思ったが、ところがどっこい意識してポワロ役に徹している野村萬斎に脱帽だ。 まあ、NHKでやっていた「名探偵ポワロ」のデヴィッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花燃ゆ

オープニングのアニメーション、川井憲次に池田秀一と来れば、これは狙っているとしか思えないぞ、NHK。今年の大河はまるで骨太のアニメをみているような作りだったな。文字が動き出すところなんて、もろ「蟲師」だったし、川のシーンのBGMなんてもう「精霊の守り人」風だったよ。 それなのに「そうせい侯」や蝿が止まった有名な逸話を入れて、大河と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BS11

さっきBS11で京極夏彦が出ていたけれど、また太ったみたいだな。着物を着ているからまるで江原さんのような雰囲気だったが、若干手も震えていたような気がして、嗚呼、京極夏彦も歳を取ったんだな。 ちなみに新刊の「遠野物語拾遺retold」の宣伝だったが、「別冊宝島2225 日本の妖怪」980円は気になるね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先ほどのNHK番組

「夜だけど・・・あさイチ」は尻切れトンボに終わったな。結局、何が言いたかったのか、いまイチ分からなかったよ。全体的に纏まりがなかったというか、脈絡もなかったしね。 ただ、夫婦間の問題点を羅列しているだけで、それに対するコメントも上っ面をなぞるだけ。ヒントになるような意見は無かったよな。 で、家庭内別居をしている夫婦はどうすれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

録画用ハードディスク

レグザに繋いでいる録画用のハードディスクが、最近調子悪い。録画番組を見ていたら急に止まりだした。その間、リモコンボタンは全て受け付けず、いわゆるフリーズ状態になってしまう。そんなときはテレビ横の電源ボタンを長押しして再起動をすることになる。 まあ、購入して今年が4年目になるから、今壊れても不思議ではない。所詮、ハードディスクの耐久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BS歴史館

今日のBS歴史館は大江戸・妖怪ブームから日本人と妖怪の関係を解き明かしていた。そう、水木しげるも言っているけど、見えないものは無理矢理見るのが心情なんだよね。その江戸の粋な部分が妖怪を生み出し、お上への抗議として妖怪を使うところもまた日本人なんだな。 そういう見えない妖怪が体制を批判しているけど、よくよく見ないとその描かれた妖怪の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何とかのメッカ

「変わり者たちのメッカ」なんて使うのは、テレビ的には不適切な表現となるみたいだ。なるほどある国から見れば、それは不愉快にさせるのだろう。ソースはここに書いてあるのだが・・・。 ただし、そのページには、「メッカ」の表記から、アラビア語の発音に近い「マッカ」を使うこともあるとのこと。まあ、何はともあれ、これからは「何とかの聖地」と表現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶち壊して・・・

今日の「臨場」は、思いっきり原作をぶち壊してくれたな。原作では好きなお話だったのに・・・、本当テレ朝は、「警官の血」といい、こうも読者の思いを踏みにじってくれる。 何で、自殺だったのに他殺へ思いっきり変えるんだ!「一見他殺に見えたのが、本当は自殺だった」って言うのが原作だったに、そこに作者の思いが描かれていたのに。自殺をしなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨場

横山秀夫では2番目に好きな本で、今日のドラマは期待と失望が半々で見ていた。ちなみに1番すきなのは「クライマーズ・ハイ」だけどね。 見終わっての感想は、自分の描いていた「倉石」は、もうちょっと年配の人で、若さ的な弾け方とは違うと思うのだが、演じていた勘助こと内野聖陽は若すぎるな。もう少し渋くて、一徹だから破天荒気味の演技のほうが良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10代のあこがれって?

かんべえさんの日記を読んでいたら、「あなたがティーンエージャーの頃のあこがれは誰でしたか?」という質問があって、 ・宇宙戦艦ヤマトの森雪 ・ルパン三世の峰不二子 ・ヤッターマンのドロンジョ様 の3択だったのだけど、ドロンジョ様は、そう言う対象ではなかったよな。あくまでもコメディキャラだったから、シリアスにはなれなかったし、峰不二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FM40周年か!

さっき、NHKでFM放送40周年の番組を流していたけど、懐かしかった。城達也さんのジェットストリームは、あったあったね。まともに全部は聞いていなかったけど、深夜0時の時報とともに、渋い声で、気持ちよいナレーションが流れていって、何となく聞いていたら、いつの間にか、コマーシャルになると言う、摩訶不思議な番組だったなー。 それと、やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必殺シリーズ

京極夏彦が必殺シリーズのファンらしいことを、カミさんから聞いて検索していたら、いろいろとファンの中では奥深いことが分かった。 なにやら、前期と後期で作りが違ってくるらしい。またファンの質というかキャラクタも前期と後期で違ってくるらしい。大体前期のファンが後期の作品を認めない感じが多いらしいけど。 その中で(パチンコ関係の結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警官の血(後編・テレビ)

イヤー、後編は結構原作をぶちこわしてくれてたなー。何なの、早瀬の男娼の動機って!。レイテ島のことなんか、いらんでしょうが!あんなの、原作に無いのをわざわざ持ってくるような映像でもないし! 前編で気になった、早瀬が犯人だったのを分からせる演出が、あのどうでも良い、動機の伏線だったら、全くもって、情けない。監督の原作に対する思いが良く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

警官の血(前編・テレビ)

原作を読んでいたので、どんなものか気になって、今日のテレ朝のドラマを見てみた。原作は、警官三代のストーリーが、淡々と進んでいったと感じで、世間で言うほどそんなに面白いとは思わなかったけど。 でも、気になった本ではあったので、テレビがどんな風に再現しているか、興味持ちながら見ていた。良くあるような、原作をぶちこわすような展開ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お風呂の居眠り

今日の「ためしてガッテン!」で、お風呂のお湯の温度が42℃だと、血圧が下がりすぎて、気絶してしまい、それを居眠りと勘違いしているらしい。良く気絶から意識が戻った時、眠っていたと思うのは危ないとのこと。そのまま、意識が戻らず、あの世に逝ってしまうのも多いそうな。 だから、お湯の温度は40℃がベストらしいのだが、ずっと42℃で入ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女と男

今さっき放映していたNHKスペシャルは、ショックだった。Y染色体が将来なくなるなんて・・・。考えてみれば、Y染色体はそのまま子供にコピーされるため、エラーもそのままコピーされてしまう。X染色体のように片方がエラーが起きても、もう片方が補う事は出来ないし、減数分裂で男女の交じり合いもできなく、そのままエラーが子孫へと伝わっていく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の秋か

菅野美穂が司会で、「坂の上の雲」の番組を紹介していたけど、今年の秋から放送なんだ。3年かけて作っていくのか・・・。どんな作品になるんだろう。NHKもこの作品で、大層なお金をかけているみたいで、出来るかどうか、危ないような噂も流れていたけど、一安心ってところだ。 司馬遼太郎も「坂の上の雲」だけは、生前映像化は反対していたけど、内容が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の星新一

2本目の「ささやき」が良かったかな。落ちは読めてたけど、今のマニュアル時代にぴったりだったし。何でもマニュアルで済ましてしまう、ハウツー本の方法をそのまま真似る、検索してその方法で対処しようとする、てな感じで自分では考えず、すぐ誰かに頼ってしまう世の中になっている。 それを、星新一は、以前なら自分で解決しなければならなかったことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿命

昨日の星新一のショートショートは、久しぶりに、ガツンと来たな。一話目の「宿命」は、何のために、働かされているのか?それが分からないまま、地球までロケットを作って向かう、ロボットのお話で、最後の落ちが、人間たちの賭博のために、ロボットを遠い星まで飛ばし、どのロボットが一番早く、地球に帰ってくるか?賭け事の駒でしかない、ロボットのお話だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この間の星新一は良かった。

精神的にも肉体的にも疲れてくると、なぜか知らないけど、気持ちが焦ってくる。誰かに追いかけられている。誰かに催促されている。落ち着かない。何でもないのに、気が気でなくなり、心配してしまう。いったいこの気持ちは何なのか? そんな、胸騒ぎする気分でいるときに見た、この間の星新一のショートショートは良かった。3本目の「ある夜の物語」は、季…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のアニメとハリウッド

星新一の番組の前に放送されていた日本のアニメとハリウッドのNHKスペシャルを見ていたけど、アメリカが作っているCGのアトムは、いったい何なのか?あの顔はないだろう!全く持って向こうのマーケティングはどうかしている。大体、マッハGOGOGOだって実写は、大こけしていたから、ハリウッドが作る日本のアニメは、なんか変だ。 どうも、センス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳活用法SP

忘れないうちにメモメモ。アイデアを出すテクニックとは?トコトン考えて、迷ったら寝る。アイデアが出やすい場所を探す。無意識に耳を傾ける。情報を遮断できる場所を探す。 プレッシャーにうち勝つ方法は?笑う、作り笑いでもOK!集中モードに切り替えるため、決まり事を実施する。ポイントは体を動かすのが良い。 やる気を起こすには?憧れの人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地デジチューナーをどうしようかな?

今のテレビとパソコンの液晶ディスプレイに繋げられる安い地デジチューナーを探していたら(BSチューナーが付いると尚更良い)、バッファローのLT-H90DTVがアマゾンで20,830円で売っていた。 自分が使っているディスプレイはIOデータのLCD-AD221XBだけど、「HDCP」に対応したDVI-D端子が付いているので、例えばPL…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

所さんの番組

笑ってコラえて!の企画で、男子高校生による新体操の競技は、何かこー、熱くするものがある。青春しているよな。ダイナミックなタンブリングなどの演技の中に、徒手のような、6人の同時性も入っていて、まるでシンクロするように美しい。 また取材した高校の監督さんが、これまたキャラが濃くて、厳しい。生徒も泣きながらも必死についていく姿は、清々し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more