本と父親とadministrator

アクセスカウンタ

zoom RSS パラドックス13

<<   作成日時 : 2010/07/15 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

B級っぽいSF設定をギリギリ踏みとどめているのは、東野圭吾の上手さなんだろうな。荒唐無稽な設定に戸惑うかも知れないけど、その世界を通して生と死の意味を問いかけているから安っぽくならず、逆にエンターテイメント性が映えて面白かった。でも最後のパラドックスは意味深だね。

それにしてもタイトルからは想像も付かない物語で、SF、サバイバル、人生、男と女の内容を、ベテラン東野圭吾が上手く料理している。そしてタイトルのパラドックスを読者に問いかけているから、目が離せなくなる。

でも久しぶりだよね、東野圭吾のSFっぽい小説は!自分が読んだ中では「天空の蜂」以来かな。まあ、「トキオ」もSFって言えばSFだけど(笑)、あれは親子の話だし。

たぶん理科系な作者は、時々奇想天外な理科系トリックのお話を書きたくなるのかも。



パラドックス13
毎日新聞社
東野 圭吾

ユーザレビュー:
13の設定が活きてな ...
サバイバル この物語 ...
一気読み予備知識ナシ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パラドックス13 東野圭吾
運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ち... ...続きを見る
粋な提案
2010/11/02 01:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パラドックス13 本と父親とadministrator/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる