本と父親とadministrator

アクセスカウンタ

zoom RSS 森見登美彦をテレビで見た

<<   作成日時 : 2007/10/09 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

電脳コイルの前の番組「ビタミンETV」で、森見登美彦氏が「トップランナー」に出るのを知ったので、見てみた。ちょうど『太陽の塔』を読み終えたばかりだったし。

相変わらず、氏が書く文体には馴染めないのだが、どうしてか作者森見登美彦が気になる。まずは、氏は痩せていた。うん、想像通りのインテリ若手作家のイメージ。太宰治とか芥川龍之介とか、痩せていて神経質なところがドンぴしゃである。

また、司会者が「本上まなみ」だったので、ビックリした。『太陽の塔』に出てくる自転車に「まなみ号」と名付けるほどファンである氏との組み合わせ。たまたまなのか、氏が仕事を選んでいるのか分からないけど。

氏の生い立ちから、小説家になった動機、書き方、作風の確立秘話、今後の抱負等々語っていた。その話し方や仕草は、奇抜でもなく、普通で、内容もぶっ飛んだものは無かった。緊張していたのかもしれない。

ただ、氏が書いた『夜は短し歩けよ乙女』の乙女の中にも、森見登美彦なるものが入っている所は、意外だった。読んでいた時は、氏のあこがれの女性であろうと思っていたのだが。氏は自分にないものは、書けないと言っていた。

しかし、何故自分は、森見登美彦が気になるのだろう。以前大極宮の朗読会を見に行ったあのわくわく感は、氏にはない。もしかしたら、少しでも若い子の気持ちを分かろうとして、背伸びしながら氏に対して、興味を持っているのだろうか?

森見登美彦の魅力って何だろう?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森見登美彦をテレビで見た 本と父親とadministrator/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる